2017年12月12日火曜日

『如来大悲の恩徳』 -愚螺牛・徒然雑感記-


響流和讃:こうるわさん
恩徳讃歌:ONDOKUSANKA

作詩/献詩・作曲 北條不可思
(僧侶;浄土真宗/シンガー ソングライター) 
2006年 2009年発表 

響流和讃:こうるわさん :Song&BowzuMan
(C)北條不可思/2010 from Office AmitaHouse
Copyright © 2006 Special JION Music
Fantasia Records de JION MusicFactory
:Office Amitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS;
Produced by GURAGYU(愚螺牛)
http://fukashihojo.com/
*
YouTube:AMITAHOUSE
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-180.html

「響流和讃:こうるわさん」

詩:親鸞聖人 御和讃三首

献詩:北條不可思

作曲:北條不可思

響流和讃(以下歌詩掲載)


『響流和讃:こうるわさん』


如来大悲の恩徳は身を粉にしても報ずべし

師主知識の恩徳も 骨をくだきても謝すべし


無明長夜の燈炬なり 智眼くらしとかなしむな

生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ


願力無窮にましませば 罪業深重もおもからず

仏智無辺にましませば 散乱放逸もすてられず




弥陀の願いをたずぬれば 

さまよう我らがためなりと

智慧慈悲際無き MAMO-AMIDA

あやしき闇夜に 響きおる


如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし

師主知識の恩徳も 骨をくだきても謝すべし

骨をくだきても謝すべし

Copyright © 2006 Special JION Music
 ♢♢ ♢♢ ♢♢ ♢♢
​​​


 ★★★★★
NAMO-AMIDABUTSU
 智慧の光明はかりなし
有量の諸相ことごとく
光暁かぶらぬものはなし
真実明に帰命せよ

真実
真というはいつわりへつらわぬを真という。
実というは必ずもののみとなるをいうなり。
讃阿弥陀仏偈和讃
<第二首左訓>

親鸞聖人


​​​​
​Song&BowzuMan 2017
Sound and poetry ・・・good lucky for The world peace!!!
namo-amidabutsu
from Song & BowzuManRev.FUKASHI HOJO 

Song & BowzuMan
since 1981

ENBAN&YAHIJIRI
concert endlesstour since 1996



CANO BAND
since 2006

★★★★★★★★

NEW YORK 2004

FUKASHIHOJO SONGS
遊牛の詩


​​
 RECORDING 2008-/レコーディング:作品製作
2008-DocumentationMusicPoetry lyric
Fantasia Records de JION MusicFactory


★★★★★★★★
nagano 2017
「詩の葉​​

​​​​​★★★★★★★★
Recorded and mixed by Sun Ashow
Produced by GURAGYU
Copyright © Special JION Music
Fantasia Records de JION MusicFactory
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS
 ★

Pohtography,Text,Poetry,Lyrics 
Copyright © 1981- Special JION Music
Fantasia Records de JION MusicFactory
in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS
Image may contain: 1 person

0 件のコメント:

コメントを投稿